加湿NEWS

湿邪

2019年4月26日

湿邪

雨の日は、蒸し暑くても体の芯が冷える気がしませんか?

先日の記事で気象病について触れましたが、
梅雨の時期に多くの方が訴える体調不良のほとんどは、
「冷え」が原因といわれています。

では、なぜ梅雨の時期は冷えやすいのか。
それは湿度の高すぎるところに長時間いることにより、
体の不調を引き起こす湿気『湿邪』が、
体内の様々な場所に溜まり、「冷え」を起こすからといわれています。

東洋医学では、『湿邪』は水の邪気といわれ、
湿邪が体内に溜まり、冷えを起こすことにより、
・血液の循環が滞って代謝が悪くなる
・むくみが起こりやすくなる
・皮膚トラブルを起こしやすくなる
・自律神経が乱れる
など様々な症状を引き起こします。

特に自律神経の乱れは
関節の痛みや、気持ちを憂鬱にさせたりといった症状にも
つながります。

そうならないためにも、対策をしっかりと立てましょう。

梅雨の間は湿気に触れやすいですが、
雨が降っている間は窓を閉めて湿気を入れないようにし、
晴れたら窓を開けて風を通すなど、
まずは、身体を湿気にさらさない工夫が必要です。
また、全身の血流をよくするために、
半身浴や関節まわりのストレッチも効果的だそうです。

みなさん体調管理をしっかり行い、
気持ちよく梅雨の時期を乗り越えましょう。


先頭へ戻る

加湿NEWS

先頭へ戻る